menu
  1. 注文住宅をお得に安く建てる方法
閉じる

積水ハウスの価格・坪単価・相場

注文住宅と建て売り住宅の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
chumontateuri

一戸建ては「注文住宅」と「建て売り住宅」の2つにわけられます。
「注文住宅」と「建て売り住宅」は価格や相場の違いなどをはじめ様々な違いがあります。
ですから、新築一戸建ての購入を考えた場合、まず最初に考えるべきことは「注文住宅」「建て売り住宅」のどちらにするのかということです。
積水ハウスでは「注文住宅」「建て売り住宅」のどちらも展開しているので、もし積水ハウスで住まいを検討されているのであれば、「注文住宅」「建て売り住宅」どちらも選択することが出来ます。

「注文住宅」と「建て売り住宅」の違い
簡単に考えると、土地を買って家を建てるのが「注文住宅」、土地付きの家を買うのが「建て売り住宅」ということになるのですが、「注文住宅」と「建て売り住宅」は家づくりの過程から価格、双方のメリット・デメリットなど様々な違いがあります。

注文住宅のメリット・デメリット
新築の注文住宅の1番のメリットはなんと言っても自由度が高く自分の理想に近い家を建てる事ができるという事です。
間取りはもちろんのこと、家の形や部材などはもちろん、ドアの種類や窓の種類なども自由に選ぶ事が出来るため、自分だけのオリジナルの家を建てることが可能です。

間取りなどの設計や家の設備なども自由に決めることができるので、家族構成やライフスタイルに合わせた家づくりができ、将来的なライフスタイルの変化を考慮した設計で家を建てれば、家を建てた数年後のリフォームも容易となります。
自分がイメージした希望通りの間取りに住みたい、自分好みの設備や建材を使いたい、内装や外観のデザインにごだわりたい、といった希望があるのであれば必然的に注文住宅となります。

また、自分で決めたハウスメーカー・工務店などに施工を依頼することが出来るためどのような会社が家を建てたのかが明白なため安心できることと、基礎工事の段階から現場を見に行くことが出来るため、工事の状況がわからないといったことがなく、手抜き工事などの心配も少なくなります。

一方でデメリットとしては、家の建材や部材、設備などひとつひとつ選ぶことや、建て売り住宅と違い一軒一軒オーダーで建てるため、どうしても建築コストが高くなり、価格が高騰してしまうという事があげられます。
また部材選びや間取りの決定など家を建てるために様々な打ち合わせが必要なので、家を建てるまでに時間がかかってしまいます。しかしながら建材や部材、設備や間取りなど家のことを考えながら家づくりを進めるというのも注文住宅の魅力のひとつだとも言えます。
そして、注文住宅は完成品を売っているわけではないため、一から家をつくるので家の出来上がりをイメージしにくいといったデメリットもあります。

建て売り住宅のメリット・デメリット
建て売り住宅の最大のメリットは注文住宅に比べ、価格を安く抑えて家を購入出来るということと、価格が明白なため、予算計画が立てやすいといったメリットもあります。
建売住宅の場合は、一度のたくさんの戸数を建てるため、基本設計を共通化することで数軒分建材設備(仕上げ材・クロス・床材・キッチン・トイレ・ユニットバスなど)を仕入れることでコストダウンが可能となっています。また作業工程もあるていど共通化することで合理的に作業できる、などの理由から注文住宅よりもローコストで住宅をつくりあげることが可能となっています。

また、建て売り住宅であればあらかじめ家が建てられた状態なので、実物を確認してから購入することが可能なので、注文住宅のように家が建ってからイメージと違ったということもありません。
そして建て売り住宅は間取り仕様や家の部材や建材、設備などの打ち合わせが必要ないので、その分時間がかからず購入後すぐに住み始めることが可能です。

建て売り住宅のデメリットとしては、あらかじめ間取りが決まっているので、間取りの変更が必要な場合はリフォームをするしかないということと、生活スタイルから家具などを出来上がった家の形に自分たちが合わせなければいけないということがあげられます。

また、建て売り住宅の場合は不動産会社などが委託した建築会社が施工し、すでに出来上がった家を購入するため、注文住宅のように、どの施工会社が家を建てたのかという事が明白ではなく、施工の段階もチェックできないため家をつくる工事の状況やどのような建材が使われていたかなどを知ることが出来ません。ですから、手抜き工事などがされていてもチェックすることができず、いざ住んでみてから欠陥がわかったということもあります。

そして建て売り住宅は不動産会社などからしてみれば売らなければならない商品です。
高い価格では売れないため、なるべく安く建てるのでコストを抑えた家づくりをしているのも事実です。
安い建材や部材を使ったり、目に見えない内部的なところはコストを抑えるためにそれなりの資材を使っていることも多く、少ない予算で家を購入できるメリットの半面、安いのにはそれなりの理由もあります。

「注文住宅」と「建て売り住宅」のポイント
注文住宅と建て売り住宅の違いは「家の価格」「家の品質」「家の自由度」となり、どちらで家を購入するにしてもメリット・デメリットがあります。
ですから、そのメリット・デメリットをしっかり知っておくことにより、自分にあっているのは「注文住宅」「建売住宅」なのかを選択することが重要なポイントとなります。
住宅の購入は一生に一度の大きな買い物ですから、コスト面だけにこだわらず、家への価値、思いなど一生を過ごす家に対して自分の希望や夢を持ってもいいかと思います。

★おすすめPICK UP記事!★
⇒管理人がオススメする注文住宅コストダウンの方法!!
⇒家づくりで絶対にしてはダメなこと!!

関連記事

  1. housecost

    家づくりに必要な費用

  2. 積水ハウスの特徴

  3. houseflow

    積水ハウスの住まいづくりの流れ

  4. 積水ハウスの価格

  5. housemakerandconstructionstore

    ハウスメーカーと工務店

  6. housemoney

    家にかかるお金の話

おすすめ記事

  1. 注文住宅をお得に安く建てる方法
ページ上部へ戻る