menu
  1. 注文住宅をお得に安く建てる方法
閉じる

積水ハウスの価格・坪単価・相場

一条工務店と積水ハウスの比較

積水ハウスと一条工務店を比較する際に、両方の会社の特徴を知る必要があります。積水ハウスと一条工務店両社の特徴を把握し、双方の違いをしっかり理解する事が大切です。その上で両社を様々な角度から比較検討することがポイントとなります。

一条工務店と積水ハウスの比較
一条工務店は名前こそ工務店となっていますが、全国展開をしている大手ハウスメーカーです。一条工務店は広告費をかけないかわりに展示場を全国に約460カ所も持っており、その数は業界NO,1を誇ります。いい家は性能で決まると謳っており、家の性能には評判があります。

特に高気密性・高断熱性に対してこだわりを持っておりQ値(熱損失係数)とC値(隙間相当面積)については他のハウスメーカーよりも良い数値であり、中でも外断熱・内断熱のダブル断熱工法は業界最高の断熱性能を謳っています。

一方、積水ハウスはハウスメーカーの中でも抜群の知名度を誇る業界最大手です。積水ハウスはCMなどの宣伝・広告をしながら、一条工務店と同じように展示場を全国展開しており、その数は約400カ所にのぼります。

気密性能・断熱性能の面では数値的には、一条工務店にやや劣るもの、天井や壁や床などの各部それぞれにあった断熱対策をおこなう「ぐるりん断熱」という断熱構法があります。標準仕様でありながら次世代省エネルギー基準を全地域クリアし、室内の温度ムラを少なくする事っ快適で心地よい暮らしを実現しています。積水ハウス、一条工務店共に省エネにも力を入れており、両社ともエコ・ファースト企業に認定されているのも特徴です。

一条工務店と積水ハウスの自社工場の特徴
一条工務店はフィリピンに自社工場を構え、そこで使用する建具や家具、建材などを製造しています。海外に自社工場を持つ事でコストダウンを計り、他のハウスメーカーと価格面で差別化を図っています。

一方で積水ハウスは日本国内に5箇所の自社工場を構えています。国内の自社工場だから出来る徹底した品質管理とオーダーメイドに合わせた建具を生産する事で、どの家も質の高い完成度を可能としています。

一条工務店と積水ハウスの地震対策の違い
一条工務店はハウスメーカーの中でもいち早く地震対策に力を入れたハウスメーカーであり、独自に開発した「一条ハイブリッド免震構法」は低コスト帯で戸建免震住宅を実現した事もあり、そのシェアは全国88%以上を誇っています。

積水ハウスの地震対策は、長年研究を積み重ね開発された「シーカス」「ハイブリッドシーカス」があります。「シーカス」「ハイブリッドシーカス」は地震のエネルギーを吸収し、家にかかる地震の力を軽減します。一条工務店の「一条ハイブリッド免震構法」が免震構法なのに対して、積水ハウスの「シーカス」「ハイブリッドシーカス」は制震構造となります。

一条工務店と積水ハウスの実績比較
一条工務店と積水ハウスの「戸建て販売戸数」と2016年度の「戸建て販売戸数」「坪単価」を比較すると「戸建て販売戸数」は積水ハウスが約238万棟なのに対し、一条工務店は約17万棟です。これは創業年数の違いもありますが、2016年度の「戸建て販売戸数」でいえば業界NO,1の「戸建て販売戸数」を誇る積水ハウスが13,176棟なのに対して、一条工務店は12,500棟と迫る勢いです。

一条工務店と積水ハウスのラインナップ比較
一条工務店、積水ハウス両社ともにラインナップは幅広く取り揃えています。一条工務店が木造住宅だけなのに対して、積水ハウスは軽量鉄骨住宅・重量鉄骨住宅・木造住宅を取り扱っているため、ラインナップの豊富さでは積水ハウスに軍配があがります。

一条工務店はSAISON、i-smart、i-cube、SAISONAタイプ、SAISONアシュレ、ブリアール、ファミーユ、円熟の家百年といったラインナップを取り揃えています。
●SAISON
ヨーロッパ調の格調の高いデザインと天然素材を余す事なく使用する事で高級な住まいを実現。

●i-smart
字のごとく、スマートハウスを追及し、性能・設備・デザインすべてが新しい時代とマッチした住まい。
●i-cube
一条工務店だからこそなしえた業界トップクラスの省エネ住宅。

■SAISON Aタイプ
SAISONをベースにヨーロッパテイストでカジュアルでナチュラルな家

●SAISONアシュレ
坪単価45万円台という低価格帯でありながら、高性能な家を実現。

■ブリアール
南欧風にデザインされた外観が特徴な家

●ファミーユ
一条工務店の3階建ての家。二世帯住宅にも対応している。

●円熟の家百年
和風をテーマに、本格的な和風から和モダンを実現。

条件によって価格は異なりますが、一条工務店の坪単価は約55万円〜75万円が目安となります。

一方、積水ハウスは平屋住宅・軽量鉄骨・重量鉄骨・木造住宅とバリエーションはとても豊富で、平屋の季、IS STAGE (イズ・ステージ) 、IS ROY+E (イズ・ロイエ)、IS ROY+E COZY STYLE (イズ・ロイエ・コージースタイル)、BeSai+e (ビー・サイエ)、Be mod+e (ビー・モード)、Be mod+e gent(ビー・モード・ジェント)、BIENA(ビエナ)、BEREO PLUS(べレオ・プラス) 、Gravis Stage (グラヴィス・ステージ)、Gravls Lian(グラヴィス・リアン)、The Gravls(ザ・グラヴィス)、Gravls villa(グラヴィス・ヴィラ)、Gravls Bellsa (グラヴィス・ベルサ)、里楽、緑の家、modellare(モデラーレ)、
ROOM MORE(ルーモア)、IORI(いおり)、IORI Architect Line(いおり アーキテクトライン)、M’axio(マキシオ)があります。
積水ハウスのラインナップについてはコチラ ⇒積水ハウスのラインナップと坪単価

まとめ
一条工務店は家の性能にこだわって高性能な家を建てるハウスメーカーだと言え、コストと性能のバランスがとれた価格体系です。一方で積水ハウスは非常に豊富なラインナップの中から自分のスタイルにあった価格体系を選ぶ事出来る上、高いブランド力と確かな品質で高性能な家を建てられるのは魅力と言えます。
坪単価は積水ハウスが60万円〜85万円が目安なのに対し、一条工務店は55万円〜75万円が目安となり、積水ハウスの方が少し高くなっています。

このように、一条工務店と積水ハウスの両社を比較することで各社の違いが分かり、住宅メーカーを選ぶ際のポイントとなります。一条工務店、積水ハウス両社の見積もりをとり、相見積もりをする事で、施工内容や価格などのより詳細な情報がわかるため、一条工務店と積水ハウスを比較するのであれば、必ず両社の見積もりをとり比較検討することをおすすめします。

そしてその見積もりを比較・検討することで自分にあった住宅会社を迷うことなく見つけることが容易となります。一括見積サイトを利用すれば、家にいながらパソコンやスマートフォンから無料で簡単に相見積もりをとる事が出来るため、家づくりをはじめる前に一度サイトをチェックすることをオススメします!!

数ある「一括見積サイト」の中から当サイトがおすすめするのは「タウンライフ」というサイトです。「タウンライフ」を利用すれば無料で積水ハウスやその他多数のハウスメーカーや工務店のプランや価格を簡単に比較検討できます。

townjutaku

家づくりをお考えの方に是非とも活用していただきたいサイトです。
タウンライフを利用するにはこちらのページへ
http://www.town-life.jp/

ピックアップ記事

  1. costdown
    注文住宅を失敗せず建てるために、そしてワンランク上の満足のいく注文住宅を建てるためには自分にマッチン…
ページ上部へ戻る