家づくりは「間取り」「デザイン」「設備」に重点を置きがちですが、忘れてはいけない重要なものがあります。それは「収納」です。物をしっかりと整理整頓して家を綺麗にすておくには収納が必要不可欠です。ですから収納の事がしっかりと考えられた家は理想の家と言えるかもしれません。

家を建てた方の意見として、家づくりの時にもっと配慮しておくべきだった事の上位に「もっと収納を増やしておけば良かった」という事があげられています。せっかく夢のマイホームを建てる事が出来ても、家の中が物で溢れかえっていては意味がありません。物を上手に収納すれば家の中がスッキリしてとても居心地の良い空間となるからです。

家に収納をどのように配置するのか、収納の量はどれくらいにするのかは人それぞれですが、収納を考える際に知っておきたいポイントがいくつかあります。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

収納が考えられた家というのは、ただ単に収納を多くするのではなく、家の中のどこにどんな収納を作るのかということです。

現状の物の量を把握する

収納は最適な量とバランスを用途や目的、生活スタイルに合わせて、それぞれの場面でどのような収納が最適かを考える事がポイントです。収納上手は捨て上手とも言われますが、現在使っているものと使っていないものをしっかり区別し、どれを収納にしまうのかを判断する事で必然的に必要な収納スペースがわかってきます。そして必要な収納スペースをしっかりと間取りの中に組み込む事が大切です。

収納を分配配置する

収納量の多い収納を一ヶ所つくり、そこに全てのものを収納するのはとても使い勝手と効率が悪い収納となります。なぜなら収納の基本は使う所に使うものを収納する事です。収納場所を分散し使う所に使う物を分散して収納すればとても使い勝手のよい収納となるので、何を何処で使うのかという使用用途によって収納する場所を決めておけばスッキリと収納する事が出来ます。

例えば、日常的に使うものである食器やタオルなどの生活品は使い勝手や出し入れのしやすい収納場所がポイントとなります。そして思い出の品や記念品など、日常的に取り出さない物を収納する場所は湿気や温度などの収納環境を考慮する必要もあります。

収納スペースの考え方

家づくりで間取りを考えた場合、どうしても部屋を大きくしたいと考えてしましますが、10畳の部屋に収納がまったく無いよりかは、8畳の部屋にして2畳分を収納とした間取りにした方が物が片付き、部屋をすっきりと見せる事も出来ます。

また家で長く生活すればするほど物は必然的に増えていきます。しかし収納スペースはかわらないため収納に限りが出てきます。そうならないように収納スペースには少し余裕を持っておく事が大切です。

収納スペースの工夫

階段や床下などのデッドスペースを上手く収納として利用する事で無駄なスペースも活かすなども工夫や、低い場所に収納スペースを作る場合はしゃがむ必要があるためスペースの確保やスライド式の内部パーツを付けるなど工夫をすると使い勝手が良い収納となります。このような考え方も収納を考える上では必要です。

そして収納は物をしまうという役割りだけではなく、見せる収納として使えば部屋を飾る要素にもなります。

まとめ

家づくりにおいて一見後回しにしてもよさそうな収納ですが、収納の事をしっかりと考えて家づくりをおこなう事は家づくりを成功させる上でとても大切なポイントです。いくら見栄えが良い家を建てても、いくら設備が整った家を建てても毎日の生活を送る中で使い勝手が悪い家は暮らしのストレスとなります。収納スペースの事が考えられた家は必然的に快適な暮らしをおくる事が出来る家となります。

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

ピックアップ記事

  1. 都道府県別注文住宅にかかる費用の相場

ランキング

  1. 1

    積水ハウス ビー・シリーズの価格

  2. 2

    積水ハウスの防音・遮音

  3. 3

    積水ハウス 3・4階建ての価格

TOP