menu
  1. 注文住宅をお得に安く建てる方法
閉じる

積水ハウスの価格・坪単価・相場

積水ハウスのZEH

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

積水ハウスは「SLOW&SMART」をキャッチコピーに、より豊かでより賢く、そして2020年を先取りした暮らしを提案しています。それが、先進スマートハウス・積水ハウスのゼロエネルギー住宅です。

積水ハウスのZEH住宅とは
快適な暮らしを維持しながら、高断熱構造と高効率な設備機器を使用することで消費エネルギーを減らし、太陽光発電とガスから電気とお湯を作り出す電動電池エネファームにより創エネW発電することで消費電力相当の電力を創り出す住宅、それが積水ハウスのZEH住宅です。

エネファームはシミュレーション上では4人家族で年間で約2,500kWhを発電し、太陽光発電は出力4kW搭載で年間約4,000kWhを発電することができます。
一般の戸建て40坪の4人家族の家庭で年間に必要とされる年間の総電力量は約5,000Kwhといわれており、エネファームと太陽光発電の2つの自家発電で5,000Kwhを超える約6,500kWhのエネルギーを創りだすことが出来るということです。
つまり電力を支給自足するということが可能ということになり、それらを創エネルギーをHEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)で最適に制御してマネージメント化することで大幅な光熱費削減が可能となります。

また、日本政府もゼロ・エネルギーハウス化を推進しており、2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー)を標準的な新築住宅とすることを目標に掲げています。

積水ハウスのZEH[「グリーンファースト ゼロ」
省エネ対策と創エネ対策で賢くエネルギーを使う省エネと太陽光発電とエネファームエネルギーを創る創エネで快適な未来の暮らしを先取り、快適な暮らしを維持しながら未来を守る住宅が積水ハウスのゼロエネルギー住宅「グリーンファースト ゼロシリーズ」です。

「グリーンファースト ゼロ」は太陽電池発電に高断熱構造を組み合わせたモデルですが、「グリーンファースト ゼロ」に燃料電池のエネファームを組み合わせたモデルが「グリーンファースト ゼロ プレミアム」というモデルとなります。
そして「グリーンファースト ゼロ プレミアム」に蓄電池を組み合わせたモデルが「グリーンファースト ゼロ ハイブリット」となります。
エネファームと太陽光発電にさらに、蓄電池を加えた「グリーンファースト ゼロ ハイブリット」は3電池を自動連動制御する最先端のスマートハウスに位置し、蓄電池が加わることで創エネルギーを賢く貯めて、電力を自給自足することができます。
さらに蓄電池を使うことで災害時の停電にも電気がある暮らしが維持することができます。
つまり3電池あることにより省エネだけでなく、防災にも強いスマートハウスが作られるということです。
まさに2020年を先取りした快適な暮らし「SLOW&SMART」を実現した積水ハウスのZEH(ネット・ゼロ・エネルギー)住宅です。

★おすすめPICK UP記事!★
⇒管理人がオススメする注文住宅コストダウンの方法!!
⇒家づくりで絶対にしてはダメなこと!!

関連記事

  1. bell-b

    積水ハウスのベルバーン外壁

  2. 積水ハウスの「BIM」

  3. future

    積水ハウスの未来型住宅

  4. hybridsheqas

    積水ハウスのハイブリッドシーカス

  5. 積水ハウスのHEMS

  6. 積水ハウスによるシャーウッドの耐震技術

おすすめ記事

  1. 注文住宅をお得に安く建てる方法
ページ上部へ戻る