家を建てる前に知っておきたい!正しい家づくりの進め方とは

家づくりのヒント

夢のマイホームを建てよう!と思っても家づくりをどうすればよいのか?何から始めればよいのか?家を建てるためには何が必要なのか?など、様々な事で悩む人も多くいらっしゃいます。家づくりを計画されている皆さんも、このような事で困っていませんか?

この記事ではステップ形式で正しい家づくりの進め方をわかりやすく説明します。家づくりをスムーズに進めるためには、家づくりの基本となる知識と段取りを知っておく事がとても大切ですので、家づくりに対する考え方や失敗しやすいポイントに注意して、まずはこの記事を読み進める事で家づくりを成功させるための第一歩を踏み出して下さい。

なぜ家づくりが必要になったのか考える

家を建てる理由は結婚、子供が出来た、親と一緒に暮らすため、ライフスタイルの変化など人それぞれですが、なぜ家を建てることになったのかという理由が明確であればあるほど、家を建てる際に何を目的として建てるのかということがはっきりします。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

こただ単に家を建てたいという理由で家を建てる方も大勢いますが、ワンランク上の家づくりをするためには家を建てるための目的を明確化することが大切なポイントとなります。。

家づくりの要望をまとめる

まずは家族全員が、どのような家を建てたいのか、その家でどのような暮らしがしたいのかをしっかりとイメージする事です。新しく家を建てるのだから、いままでの生活の事は忘れがちになりますが、今までの生活してきた中で良かった事も振り返り、その点もしっかりと取り入れて、家族の将来と自分たちのライフスタイルのイメージする事がポイントです。

そのためには家族で意見を出し合い、家族みんなの家にづくりに対する要望や意見をまとめる事です。そうすればどのような家を建てるべきなのか、その家を建てるためには、どんな建築会社に依頼をすれば良いのかという事が段々と分かってきます。
イメージを持たないままの家づくりは、目的の無い家づくりとなってしまい、家を建てた後に後悔する事になります。

資金計画をする

家づくりにおいてとても重要なポイントとなるのが予算(お金)です。まずは、ローンの種類や返済計画、自己資金などの計画をしっかりと立てる事です。また本体工事費以外にも、外構工事などの別途工事費や税金、登記、住宅ローンなどの手続き費用、引越し費用など、さまざまな諸費用がかかります。

ポイントは家づくりに無理の無い予算計画を立てる事です。家づくりを計画した早い段階で、建築会社や金融機関、ファイナンシャルプランナーなどにお金に関するプロフェッショナルに話しをして、家づくりに必要なお金の計画をしておく事が大切です。

土地を探す

家を建てると長くその地域に住む事になるので、土地探しは家づくりにおいて非常に重要な役割を担っています。ですから闇雲に土地を探すのではなく、どの地域が良いのかといった事や周りの環境、広さ、利便性などある程度、土地のイメージを整理しておく事がポイントです。

全ての条件がマッチした土地はなかなか見つからないため、それらの優先順位を決めておく事が土地探しには大切です。そして良い情報があれば、まずはすぐに現地に赴き、自分の目でしっかりと確かめる事も大切です。

良い土地は簡単に見つからないため、土地探しは焦らずゆっくりと時間をかけるべきポイントです。また法的規制など様々な制限が設けられている土地や、地盤の事などは素人には判断が難しいなどといった事があげられるため、プロに相談アドバイスを受けながら探すのがベストです。

住宅会社を選定する

家づくりの中で一番重要となる住宅会社選び。建築会社選びで家づくりが成功するかどうかが、決まるともいわれます。住宅会社はデザインやプラン二ング、工法など得意としている分野が違います。ですから、はじめから1社に絞るのではなく、多くの住宅会社を価格、プラン、デザイン、保証内容などといった様々な点から比較し、検討する事が重要です。

価格が安いなど一点だけ見るのではなく、トータル的にバランスを考えて自分にとってベストな住宅会社を選ぶ事が大切です。また住宅会社の担当者との相性もとても大切です。

プランの決定

家づくりの楽しいところでもあり、難しいところでもあるのが間取りや設備、デザインなどのプラン二ングです。特に間取りや設備などのプラン二ングは毎日の暮らしに反映されるため家族のライフスタイルにマッチするように考えなければいけません。プラン二ングもすぐに決定するのではなく、時間をかけ様々な情報を収集し、自分達の暮らしを想像しながら、じっくりと考慮した上で決定して下さい。プラン二ングを工夫する事が出来れば、毎日の暮らしはとても快適なものになります。

契約を交わす

住宅会社から家づくりに必要な概算の見積もりとプランの提案を受け、プランの変更や価格の調整など様々な打ち合わせをした後に本見積もりとプランに納得が出来れば、住宅会社との本契約となります。家づくりは電化製品などと違い、完成品を売っている訳ではないため、定価というものがなく一軒一軒価格が違います。

ですから決して焦る事なく納得出来るまで様々な点を調整して下さい。納得しないまま契約すると満足のいかない家づくり原因となってしまい後悔してしまいます。契約内容が書かれた書類関係もしっかりと目を通して、内容を理解しておきましょう。

不明な点がある場合は担当者に説明を受け確認するようにしておきましょう。また書類関係は工事後も大切に保管出来るようにまとめておくと良いでしょう。

工事・引き渡し

実際の契約内容に基づき、家を建てている最中にも現場に足を運び、進行状況や工事の過程を自分の目でしっかりと確認しましょう。またその際に気になる点があれば担当者に連絡し相談して下さい。

まとめ

家づくりの第一歩はどのような家を建てたいのかを想像しイメージする事。想像しイメージする事で理想の暮らしが現実的なものになります。
家族みんなが笑顔になる理想の家を建てるために、家づくりを始める上で考えておくべきポイントはどんな事なのかをしっかり理解して家づくりを進めて下さい。


★おすすめPICK UP記事!★
⇒管理人がオススメする注文住宅コストダウンの方法!!
⇒家づくりで絶対にしてはダメなこと!!

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

ピックアップ記事

  1. 都道府県別注文住宅にかかる費用の相場

ランキング

  1. 1

    積水ハウス ビー・シリーズの価格

  2. 2

    積水ハウスの防音・遮音

  3. 3

    積水ハウス 3・4階建ての価格

TOP