積水ハウスの基礎

家づくりの技術

台風や地震などの非常時に大切な家族を守るものが住まいです。
しかしながら、この家族を守るための住まいの耐久性が弱ければ、災害時に大切な家族を守ることもできません。
耐久性能の高い良い家を建てることができれば家族も安心して毎日を暮らすことができるといえます。

基礎は家を建てる上で非常に重要な役割を担っています。
基礎の役割とは、住まいの重量を支えることです。特に地震発生時など基礎に大きな力がかかるため、その力を受け止める強度な基礎が必要となります。
基礎がしっかりしていなければ、安心できる住まいとはいえません。

積水ハウスの基礎の部分
積水ハウスが建てる家の基礎には様々な工夫が施されています。
積水ハウスの「ユニバーサルフレーム・システム」では、強靭な構造躯体を支える強い基礎を実現するために、一般的な基礎のサイズを大幅に上回る独自の鉄筋コンクリート布基礎を採用しています。

そして内部の主筋は、工場で溶接加工を済ませた精度、品質ともに高い鉄筋ユニットを使用しています。また立ち上がり幅を大きく取ることで、内部鉄筋の中性化による腐食を抑えることができるため、高い基礎の耐久性を実現しています。

フーチング部分の形状は半円になっているのが特徴です。これは合理的に考えられ、力学的にも優れた積水ハウスの独自形状です。
さらに、外周部と内側の基礎を一体化した布基礎にすることにより、家の荷重をバランスよく分散させ受け止めています。

また「ユニバーサルフレーム・システム」では基礎と柱の間に余分なものを介さず、「ダイレクトジョイント」という工法で基礎と躯体を直接結びつけています。そのため地震の力を基礎から地盤に伝えることが可能となります。

そして、現場で作られる基礎は職人の腕に左右されるため性能の均質化が難しいとされていましたが、積水ハウスでは、工場でつくられた高精度のオリジナルの鋼製型枠(メタルフォーム)とベース型枠にコンクリートを流し込んで基礎をつくります。
工場で作られた高精度の型枠を使用することで、基礎を同じ品質で構造計算した通りの寸法をしっかりと保つことを可能にしています。

このように積水ハウスが建てる家は、自社開発した独自の施工精度の高い基礎の上に建てられるため、強靭な構造躯体の力を最大限に活かす構造になっています。

★おすすめPICK UP記事!★
⇒管理人がオススメする注文住宅コストダウンの方法!!
⇒家づくりで絶対にしてはダメなこと!!

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

ピックアップ記事

  1. 都道府県別注文住宅にかかる費用の相場

ランキング

  1. 1

    積水ハウス ビー・シリーズの価格

  2. 2

    積水ハウスの防音・遮音

  3. 3

    積水ハウス 3・4階建ての価格

TOP