注文住宅を建てる際の頭金

家づくりのヒント

注文住宅を建てる際に必要な総費用の全国相場は約2,830万円ほどです。
これはハウスメーカーや工務店などを含めた相場ですから、積水ハウスで注文住宅を建てる場合はこの相場価格より高くなることが予想されます。
注文住宅の戸当たり床面積の全国平均である129.1㎡の注文住宅を建てるとしたら、積水ハウスの坪単価60~85万円で試算すると積水ハウスで注文住宅を建てるのに必要な金額は約2,340万円~3,315万円必要となります。

この注文住宅を建てるのに必要なお金を現金で用意できれば一番良いのですが、マイホームを建てられる方のほとんどの方が住宅ローン借り入れするかと思います。ではその時に頭金はいったいいくらくらい用意すればするべきなのか。

いくら頭金を用意するべきか
頭金は頭金自体は皆さんが出せる金額の範囲で出せればいいと考えます。
頭金の情報を調べてみると、頭金は購入金額の2割必要という情報がネットなどで見つかりますが、これは昔、金融機関の物件に対する住宅ローンの融資が8割までしか融資されないといったことがあったため、どうしても住宅を購入する際には残りの2割の自己資金を頭金として用意する必要があったためです。
しかし現在は年収や年齢などのトータル的な条件等や金融機関にもよりますが、物件価格の100%まで融資してくれる金融機関がほとんどです。

現在、マイナス金利の影響などもあり各金融機関の金利は非常に低い時代です。
しかしこの先、この金利がどのように変動していくのかというのは誰にもわかりません。
そのような時代だからこそ、キャッシュを手もとに残しておくという選択も一つの選択肢として考えられます。つまり頭金を減らして住宅ローンで借入をし、キャッシュを残しておくということです。

無理をして頭金に多くのお金を出し、手元にお金を残さないというのは少々リスクがあり破たんの原因ともなりかねません。
新居に移った際に思っていた以上にお金がかかったり、固定資産税や都市計画税などの税金もかかってきますし、突然お金が必要になることもあるため、万が一のことも考え、多少キャッシュを残しておくことは非常に重要です。
もちろん頭金はあるにこしたことはないのですが、マイホームを購入する時の頭金をいくら出すのかということなど、しっかりと資金計画をすることが非常に重要です。

失敗しない資金計画をする方法
しかし、ほとんどの方がマイホームを購入するのは一度っきりになるため、資金計画をするにしてもわからない事が多くあり、困惑してしまうのも事実です。
ローンや頭金、その他諸費用などの資金計画はマイホーム購入にあたりとても重要なことですが素人にはいったい何にいくらかかるのかわかりにくく難しいことでもあります。
そのような事を簡単に解決できるのが、住宅系の中立サイトです。
当サイトがおすすめするのは、累積利用者数112万人以上の人気サイト「暮らし総合サポートサイトのタウンライフ」です。理想の家づくりをスムーズに、しかもお得に行いたいという方にオススメします。

タウンライフの一括見積を使えば、各ハウスメーカーや工務店などによる見積書の作成から住宅プランや資金計画の事までわかりやくす提案してくれるため、マイホーム購入のための資金計画や住まいづくりをスムーズに進めることができます。
また資金計画の事だけでなく、家づくりに関する提案なども行ってくれるためマイホーム購入を考えるのであれば、一度チェックしてみることをオススメします。

★おすすめPICK UP記事!★
⇒管理人がオススメする注文住宅コストダウンの方法!!
⇒家づくりで絶対にしてはダメなこと!!

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

ピックアップ記事

  1. 都道府県別注文住宅にかかる費用の相場

ランキング

  1. 1

    積水ハウス ビー・シリーズの価格

  2. 2

    積水ハウスの防音・遮音

  3. 3

    積水ハウス 3・4階建ての価格

TOP