menu
  1. 注文住宅をお得に安く建てる方法
閉じる

積水ハウスの価格・坪単価・相場

カテゴリー:家づくりの技術

積水ハウスは1997年に工業化住宅としては世界初の梁勝ちラーメン構造として新しい構造システムβシステム構法を開発しました。それから20年が経ち、βシステム構法をさらに進化させた3階・4階建て重量鉄骨の新構法「フレキシブルβ(ベータ)システム…

積水ハウスの耐震対策と言えば制震震システムのシーカスが代表的ですが、積水ハウスは他にも様々な技術で地震に負けることがない家づくりを行っています。大手ハウスメーカーである積水ハウスは長年の家づくりで培った経験と日々の研究・開発によって生み…

積水ハウスの木造住宅であるシャーウッドに採用されている陶版外壁ベルバーン。積水ハウスは、このベルバーン外壁を自社製造することで、色合いや柄など今までになかったものを開発。そして、ベルバーン外壁の最大の特徴は30年間メンテナンスフリー…

台風や地震などの非常時に大切な家族を守るものが住まいです。しかしながら、この家族を守るための住まいの耐久性が弱ければ、災害時に大切な家族を守ることもできません。耐久性能の高い良い家を建てることができれば家族も安心して毎日を暮らすこと…

積水ハウスの地震に対する家への考え方は耐震自術は構造躯体だけでなく、家の外壁とその取り付けにも独自の工夫がなされています。それが「外壁パネルロッキング工法」と「外壁取り付け器具」です。外壁が構造体に直接固定されている「固定式外壁…

毎日の暮らしの中には必ず音が存在します。音の存在は毎日の暮らしを楽しくすることもあれば、不快にすることもあります。音楽などは暮らしを楽しくしてくれますが、雑音・騒音は逆に暮らしを不快なものにしてしまうため、毎日を快適な暮らしにするために…

積水ハウスは2013年、強度はそのままにより開放的で大空間な間取りを叶えることの出来る「ハイブリッドシーカス」を開発しました。家の間取りはリビングなどは大きな開口を設けた開放的な空間が求められる上、地震への耐震性も同時に求められてい…

新たな価値を生み出し、競争力を高めるなど企業の成長にIT技術の活用は欠かすことができません。それは住宅業界においても同じが言え、積水ハウスでは過去5年間で合計80億円をBIM関連事業に投じソフト開発や運用に力を入れています。積水ハウス…

家は様々な工法で建てられています。工法は注文住宅を建てる際にとても大切なポイントとなります。なぜなら工法によって家の「耐震性」「耐火性」「間取り」「価格」などが少しずつ変わってくるからです。また、各社得意としている工法が異な…

積水ハウスが提案する未来型住宅情報はスマートフォンやタブレット型情報端末を使って無線で通信され部屋にスイッチなどを必要とせず、情報機器を介して住宅設備を操作したり、エネルギーの情報など様々の情報が管理できる上、環境価値と経済価値がバラン…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る