ペットと暮らす家づくり!様々な工夫で人もペットも快適生活!

家づくりのヒント
https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/女性疑問.jpg

マイホームを建ててペットと一緒に暮らすことを考えています。家族もペットも快適に暮らすことのできる家を建てる際のポイントは?

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性疑問.jpg

ずっと一生に暮らすペットは家族の一員です。だからこそ家を建てるのであれば、ペットにも良い環境を作ってあげたいと思います。ペットと暮らす家づくりを成功させるポイントは何?

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

家を建てるのであれば、自分たちだけではなく、ペットにとっても暮らしやすい家づくりをしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。ペットにとって暮らしやすい家とは、どんな家でしょうか?

ペットも大切な家族の一員です。 ここ数年ペットとの暮らしを考えた家づくりをする人が増えてきており、これからはペットと共に暮らしをする時代があたりまえになるかもしれません。せっかく家を建てるのであれば、人間だけでなくペットにとっても暮らしやすい家を建てたいものです。ペットと一緒に暮らすのであれば、 家づくりの際にペットのために考えるべき事は様々です。

近年はペットも家の中で飼い、家族と一緒に生活をする事が一般的となり毎日の暮らしを共にする家族の一員といっても過言ではありません。そのため家づくりをおこなう際に、ペットのためにちょっとした工夫をする事で、ペットも暮らしやすい家にする事が出来ます。そしてペットの習慣や行動などをしっかりと理解し、家づくりに反映させる事が出来れば、飼い主にとってもペットとの暮らしがより楽しく快適になります。

この記事では、人もペットも快適に暮らすことのできる家にするための、工夫や考え方などを具体的なポイントをあげながら、わかりやすく説明します。ペットと暮らす家づくりを計画している方や、これから家づくりを考えている方はぜひ参考に家づくりを考えてみてください。

この記事でわかること

ペットにとって暮らし安い家とは
ペットが快適に暮らすためには
ペットと暮らすための工夫

ペットにとって暮らしやすい家とは

人には何でもないような事がペットにとっては負担になってしまい、暮らしにくい素材や住環境もあります。つまり人の事だけを考えた家は動物にとっては広く感じ過ぎたり、安心して落ちつく事が出来ないという事です。そのようなことが原因でペットにストレスをかけてしまうことも十分に考えられます。

例えば、ペットにとって滑りやすい床や段差はケガの原因にもなりペットにとっては大変危険です。 「床を滑りにくい素材にする」「段差を少なくする」「 床暖房を取り入れる」などの工夫をする事でペットにとっても、人間にとっても心地よい家となります。

そしてペットは人間以上にニオイや湿度に敏感なので、家の空調をペットにも快適な環境にすることも重要です。年中空調が可能で快適な温度を保てる場所にペットのスペースを作ったり、換気システムを設けるなどすればペットが暮らす環境としては最適です。

ペットにもリラックスできる干渉されない場所が必要です。ですからペットが安心出来る空間としてデッドスペースなどを上手く利用し、ペット用の場所を確保してあげる事も必要です。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

ペットと一緒に暮らすための家を建てるのであれば、まずはペットの習慣性や特徴をしっかり理解しておくことが重要です。ペットの特性を理解した上で家づくりに工夫をすることで、人もペットも暮らしやすい家を建てることができます。

ペットが快適に暮らすには、素材選びが重要

家の中でペットを飼っていると、どうしても汚れてしまうのが床と壁です。 家の中でペットを飼うのであればペットとの生活を考えてキズや臭い対策になる素材や設備選びが大切です。

室内の壁はペットの引っ掻き傷や汚れが意外と目立ってしまいます。ですからペットの引っ掻き傷などに強く、傷がつきにくいものや汚れにくいクロスを選ぶ事で対策出来ます。また壁紙などを少し工夫して消臭効果のあるものにすれば、ペットの匂いが軽減出来たり、汚れの付きにくい壁紙にすれば掃除をする手間も省けるだけでなく、タバコの匂いであったり、ホルムアルデヒドなども吸収してくれるので人にとってもメリットがあります。

気を付けなければいけないのは、 素材によっては動物の嫌がる匂いのものがあったりするという事です。そのため素材選びもペットと暮らすためには大切なポイントになります。人にとって良くないものはペットにとっても良くないものです。無垢材など自然の素材を取り入れれば、人間もペットも安心することができます。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

汚れが付きにくい素材や掃除がしやすい素材を選べば、飼い主にとってもペットを飼いやすくい環境になります。

ペットと暮らすための工夫

ペットと快適に暮らすために家の中にちょっとした工夫を取り入れる事が出来れば、家がペットにも人にも心地よい居場所となります。例えば、 玄関先や庭などでペットを飼う事も出来ますが、 散歩から帰ってきた時にペットの足をすぐに綺麗に洗えるように、玄関や庭など家の外にペット専用の洗い場があればとても便利です。

またリードフックを玄関に取り付ければドアを開け閉めする際に使用出来るため、とても便利です。庭にペット用の遊びスペースがあれば運動不足対策にもなります。他にも ペット用のエサや道具などを収納出来るスペースを設けておくと非常に便利です。

そして細部にも注意が必要です。例えばコンセントもペットにとってはとても危険なので、コンセントの位置を少し高めにしたりコンセントカバーをつけるなどの対策が必要となります。

ペットが各部屋を行ききできるようにペット用の小さなペットドアの付いているドアを取り付ければ、ペットが好きな時に好きな場所に移動する事が出来るため、ペットにとってとても快適です。入って欲しくない場所にはペットドアを取り付けなければペットが入ることができないので、ペットドアは人にもペットにもメリットがあります。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

ちょっとした工夫をするだけでペットにとっても、家族にとっても快適に暮らすことが可能となります。

ペットの空間

ペットと家族が一緒にいる空間と、ペットに入って欲しくない空間をしっかりと切り分け、ペットが行きき出来る場所を制限しましょう。ペットが入っても大丈夫な部屋はペットが自由に行ったり来たり出来るようにし、反対にペットに入って欲しくない場所にはフェンスや仕切りなどて入れなくする事も大切です。

そうする事でペットとの良い距離感をとる事が出来ます。またペットにとっても入ってはいけない場所に入ってしまい、飼い主に怒られる事によってストレスをためる事も無くなります。

まとめ

ペットと一緒に暮らす生活は、かけがえのない時間や安らぎを与えてくれます。ですからペットと一緒に暮らすのであれば、ペットにとっても暮らしやすい家づくりをすることがとても大切です。そのためには、まずはペットの特性をしっかり理解すること、そして家の中にちょっとした工夫をすることが大切なポイントです。

ペットと同じ空間で家族の一員として一緒に暮らす事の出来る家、それはペットにとっても暮らしやすく、人にとっても暮らしやすい家です。ペットと過ごす家づくりをするのであれば、ペットにも人にも心地よい住まいづくりがベストです。

いつまでも家族とペットと一緒に暮らすことができる家を建て、快適で幸せな生活を送ってください。


★おすすめPICK UP記事!★
⇒管理人がオススメ! 注文住宅コストダウンの方法!!
⇒家づくりで絶対にやってはいけない事!!

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

ピックアップ記事

  1. 都道府県別注文住宅にかかる費用の相場

ランキング

  1. 1

    積水ハウス ビー・シリーズの価格

  2. 2

    積水ハウスの防音・遮音

  3. 3

    積水ハウス 3・4階建ての価格

TOP