子育て世代の家づくりのポイント

家づくりのヒント
https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/女性疑問.jpg

せっかく家を建てるのであれば、子育てしやすい家が理想!親は子育てがしやすく、子供たちはのびのびと暮らせる家にするには気をつけるポイントを知りたい!

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性疑問.jpg

子供たちがのびのびと暮らすための環境をつくるために、家づくりの際におさえておくポイントや考えておくことは何?

家を建てる方の年代は様々ですが、その中でも1番多いのが子育て世代の方達です。子供の成長を育むのは家の役割りでもあるため、子育て世代のご家庭にとって「家」の役割はとても重要となります。ですから、子育て世代の方で家づくりを考えている方々は、家づくりのテーマの1つに「子育て」というテーマも取り入れて考えてみて下さい。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

家を建てることを決めた理由の1つに、子供が生まれたからという方が多くいらっしゃいます。ですから多くの方が子育てを意識した家づくりをおこなっています。せっかく家を建てるのであれば、子育てのしやすい家を建てたいというのは多くの方が思っていることですね。

お子さんのいる家庭では、家を建てる際に子供たちのことを考えながら計画することはとても大切なポイントです。なぜなら家づくりを子育てという視点で考える事で良い家づくりへと繋がるからです。そうすることで必然的に家族が安心・安全に暮らせる環境を作ることができます。なぜなら子供にとって住みやすい環境というのは、家族にとっても住みやすい環境といえるからです。

この記事では、子育て世代が家を建てる場合の考え方やポイントなどわかりやすく説明します。家づくりの計画の参考にしてみてください。

この記事でわかること

子育てを考えた家づくりの考えた方
子供の安全・安心を考えた家づくりポイント

子育ての事を考えた家づくり

子育て世代が家を建てる時に重視するべきポイントに「子供の事を考えた家づくり」があげられます。それだけ皆さん子供のことを考「子供の事を考えた家づくり」は幼少期だけではなく、子供のが大きくなった時も事もしっかりと考える必要があります。なぜなら子供の成長に伴い家の役割も変わってくるからです。

間取りなどの簡単には変えられない箇所は、家づくりを始める段階で子供の成長にともなった変化を考えておく必要があります。また子供の事ばかりではなく、自分達らしい子育てのしやすい家という視点からも家づくりを考えて下さい。それも子育てをするという意味では重要です。

どのような家を建てれば子育てがしやすいのか?子供が小さい時の事だけではなく、成長した後も暮らしやすい家づくりなど、ライフスタイルが変化する世代の家づくりは、実に様々な事を考えて家づくりをする必要があります。

子育ての事を考えた家づくりは簡単ではありませんが、しっかりとポイントをおさえて、子育てを意識した家を建てる事が出来れば子育てのに対する悩みや不安、大変さなども軽減する事が出来ます。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

多くの方が子供のことを考えて、家づくりをおこなっています。子供が小さい時のことだけではなく、成長した時のことまでを考えて家づくりを考えるのがポイントです。

子供の安全・安心を考えた家づくり

子育てを考えた家づくりをする際に「子供の安全・安心」「子供とのコミュニケーション」「子育てのための工夫」というキーワードがあげられます。まず子育て世代の方が家づくりを行う際に考える事の1つが子供の「安全・安心」です。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

子育てを考えた家づくりには、いろいろな考え方がありますが「子供の安全・安心」「子供とのコミュニケーション」「子育てのための工夫」の3つは必ず考えておくことをおすすめします。

子供の安全・安心

家の中には危険がたくさんあるため、小さいお子さんがいらっしゃる場合は、様々な事に気をつけなければいけません。特に子供が小さい時には家の中での事故も多いのが事実です。そのため子供の行動を見守る事が出来るよう、家の中に工夫が必要となります。

例えばキッチンをカウンターキッチンにしたり、オープンキッチンにしておけば、料理中も子供の様子をしっかりと見守りながら家事をする事が出来ます。そして出来るだけ家の中の段差を減らしたり、設備を安全なものにするなどの対策も有効な手段です。

そして子供の健康面でも安心・安全を考える必要があります。子供が健康に育ってくれることは親にとってはとても大切なこと。家はその役割を担っているので、無垢材や漆喰などの自然素材を家に取り入れることで子供の健康面も安心することができます。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

家事をしながら四六時中、子供のことをずっと見守ることも難しいので、子供の家の中の事故がないようにしっかりと対策しておけば、子供も親も安心できますね。

子供とのコミュニケーション

住まいは親子のコミュニケーションの場所でもあります。子供の成長において、親とのコミュニケーションはとても大切です。親子がしっかりとコミュニケーションをとる事で子供も安心する事が出来ます。例えば、キッチン周りのスペースを広くとる事で子供と一緒に料理をする事が出来るのでコミュニケーションを取るには最適です。

そして子供が小さいうちは勉強机をリビングに置くなどの方法もコミュニケーションをとるためには有効です。またリビングなど子供と大人が一緒に居てコミニュケーションを取る事が出来る部屋も必要です。家族が安心して一緒にいられる空間づくりをする事で、自然と家族みんなが一緒にいる時間が増えコミュニケーションの時間が多くなります。

しかし、子供が成長し少し大きくなると子供部屋を与える事になります。子供の成長に合わせて、家に子供の居場所を作ってあげる事も子供の成長には大切な事です。何故なら子供は住まいの中で自分の居場所をつくる事でプライバシーを守るからです。

一方で子供部屋を与えると子供は子供部屋にこもりがちになり、なかなかコミニュケーションを取るのが難しくなります。部屋の間取りを少し工夫する事でこのような問題はなくなります。例えば、玄関からそのまま子供部屋にいける間取りではなく、家族が集まるリビングを通らなけれ子供部屋に行けないような間取りです。

2階に子供部屋をつくるのであれば、リビングに階段を付けるなど、たったこれだけの事でも「おはよう」や「おかえり」といった会話や声がけが出来たり、子供の日々の様子が目にとまるので、ちょっとした変化などにも気付きやすくなります。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

小さい時はもちろんのこと、大きくなってからも子供の成長には親とのコミュニケーションの時間がとても大切です。

子育てのための工夫

子供が成長すると、それに合わせて物も増えてきます。ですから子供の成長に合わせて収納スペースを確保しておく事も忘れてはいけません。また収納スペースは子供が自身で片付けが出来るような場所にしましょう。そうする事で子供に片付けを習慣づける事が出来ます。そして少し余裕があれば、子供部屋の素材にもこだわってみるのも子供にとっては良い環境づくりとなります。

例えば自然の無垢素材などを使った部屋にすれば、木の温かみや香りなどがリラックス効果を与えてくれるため勉強にも最適です。そして自然素材を使う事でアレルギーの事やシックハウス症候群などの対策にもなります。

そして子供が小さいうちはあまり気にしなくてよいかもしれませんが、成長とともに子供のプライバシーをしっかりと守る事も子育てには必要です。つまり家族共通の空間と個別の空間を設けるという事です。ずっと同じ部屋で生活するのではなく、子供が大きくなれば生活空間を別にし、子供を見守る事も子供の成長には必要です。

親にとっても良い環境が必要

子育ては親にとってはとても大変なことです。家事をしながら育児もとなると、毎日が忙しくストレスもたまってしまいます。子育ては毎日のことなので、親が子育てでストレスをためないことも、子育てをしていく中では大切なポイントになります。

ですから子育てを考えた家づくりをする場合は、子供のことばかりではなく、自分たちのことも少し考えてみると良いと思います。例えば家事の負担を少しでも減らせるように、あらかじめ食洗器や掃除などをワンタッチでおこなってくれる家電製品を取り入れておけば家事を時短することができ、少しでも自分の時間を作ることができます。

またストレスを発散するために、自分の部屋を間取りの計画の段階であらかじめ考えておくのもよいと思います。ストレス発散の方法は人それぞれですが、家の中にそのような場所をつくることが大切です。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

ついつい子供のことを考えてしまいがちですが、このような考えて方ができれば、必然的に良い子育てへとつながります。

まとめ

せっかく家づくりをおこなうのであれば、子供のことを考えた家づくりを行いながら、家族全員が笑顔になれる家を建てたいものです。子供にとって住まいの環境はとても大切なものでもあるので、子育てのために家に様々な工夫を取り入れ、子供が安心して安全に生活を送る事が出来る家づくりをするには様々な工夫が必要です。

家は家族が毎日の生活を送り、長く暮らしをしていく場所です。子供の成長とともに家の役割も変わってくるので、先を見据えた家づくりをすることも子供のためには必要です。


★おすすめPICK UP記事!★
⇒管理人がオススメする注文住宅コストダウンの方法!!
⇒家づくりで絶対にしてはダメなこと!!

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

ピックアップ記事

  1. 都道府県別注文住宅にかかる費用の相場

ランキング

  1. 1

    積水ハウス ビー・シリーズの価格

  2. 2

    積水ハウスの防音・遮音

  3. 3

    積水ハウス 3・4階建ての価格

TOP