将来の事を考えた家づくりとは

家づくりのヒント
https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/女性疑問.jpg

家づくりって先のことも見越して考えた方が、ワンランク上の家を建てられるみたいだけど、未来のことを考えた家づくりってどんなことを考えれば良いのかな?

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性疑問.jpg

数十年後は自分たちも歳をとるし、子供たちも成長するので、その時にも快適な暮らしができる家を建てておきたいけど、どのような考え方を取り入れれば良いのだろう?

数十年先の少し未来の自分たちや家族のライフスタイルの変化に対応した家づくりをするには、どのような考え方をすれば良いのか気になるところだと思います。また家は一度建ててしまうと、改修することはそう簡単なことではありません。

それはもちろんお金の問題や時間の問題などがあるからです。特に改修工事にかかるお金は決して安い金額ではないので、そういった意味でも将来性のある家を建てることで将来へのコストカットにもつながっていきます。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

ライフスタイルは家族ごとに異なります。ですから未来の事を考えた家づくりとは、自分たちが建てた家に家族が安心してずっと住み続けられるということを基本に考えるとイメージがしやすいと思います。

家は一度建てると、ほとんどの方がその家で何十年と生活を送り、毎日を暮らしていくことになるので、本当の意味での良い家づくりとは家族が安心して長く住むことができる家をつくることです。

まず始めに、家づくりについて考え始めると、ついつい現時点での暮らしやすさの事を考えたプランになってしまいがちですが、良い家を建てるためには、今現在の事だけを考えるのではなく、未来の事も考えた計画的な家づくりをする事がとても重要です。

ですから未来のことを考えた家づくりは、家を建てる前の計画段階での構想がとても大切になります。しかし実際に家族が安心して長く快適な生活を送る家を建てるには、どのようなことを考えて家づくりを進めていけば良いのかというのが問題となります。

ここでは将来のことを考えた家づくりについて、その意味と対策をわかりやすく説明していきます。皆さんの家づくりの際に参考にしてみてください。

この記事でわかること

将来のことを考えた家づくりの意味
未来のことを考えたバリアフリーの方法
未来のことを考えた子供部屋

ライフスタイルの変化

時が経てば、人間誰しもが歳をとりライフスタイルも変化します。ですからせっかく家を建てるのであれば、その時だけの暮らしやすさだけではなく、10年後、20年後の家族のライフスタイルの変化もしっかりと考慮するようにして下さい。時が経てば家族構成やライフスタイルは変化していくため、家もそれに対応しなければ快適な暮らしを送る事は出来ません。

未来のことは誰にもわかりませんが、自分たちが歳をとり、子供たちが大きくなり、家族のライフスタイルが変化することはあきらかです。ですから家づくりは、今現在のことだけではなく、未来のことも考えておくべき必要があります。なぜなら家は家族が長く暮らしをする場所だからです。

ライフスタイルの変化に対応できる家づくりをしていないと、家を建てた時は快適に生活できていても子供が大きくなったり、自分たちが歳をとって高齢になってくると、住みにづらく感じることも多々あるかと思います。

ライフスタイルの変化を家づくりに反映させる事が、未来の事も考えた可変性のある家づくりをするポイントとなります。

バリアフリーを考えた家づくり

10年、20年、30年と暮らしていけば人間誰しもが年をとります。仮に40代で家を建て、30年経つと70代となり、その時には家の中に手すりが必要となったり、家の中の段差が気になるかもしれません。親が高齢になり同居する可能性も考えられますし、自身が高齢化する事で介助を必要とする場合も出てくるかもしれません。そのようになった時のためにも、住まいのバリアフリー化などについてしっかりと考えて、あらかじめ対策しておく必要があります。

特に現代は高齢化社会化しており、人生100年とも言われています。そのような未来の事も考えて、家を建てる際にあらかじめ手すりを付けられるように廊下を広くしておいたり、始めから段差を少なくするなどバリアフリー化を見越した設計にしておけば、長年暮らせる家となります。

仮に30歳で家を建てたとして、80歳まで生きるとすれば50年はその家で暮らすことになります。ですから年をとっても快適に生活できる機能的にも優れた家を建てる事が出来れば、必然と長く暮らせる質の良い家といえるのではないでしょうか。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

他にもトイレや廊下などにあらかじめ手すりを付けたり、浴槽の高さを低くしたり、ヒートショックを防ぐため家の断熱性能を高めるなど様々なバリアフリー化があります。

子供の成長を考えた家づくり

歳をとるのは自分達だけではなく、子供達も同じです。ですから子育てを考えて家づくりをするにしても、今だけでなく子供達が成長して大きくなった家族の形も想像してみて下さい。子供達が大きくなれば、子供達用の部屋も必要となります。また子供が生まれ家族が増えることも考えられます。

そして子供達がもっと大きくなれば、家を出て独立する事も考えられます。子供たちが家を出ていったら子ども部屋は空いてしまします。空いた部屋をどのように利用するのかという事まで見越した間取りやプランを考えた家づくりをする事で、リフォームのしやすい家となり、空いた部屋を上手く利用する事も可能です。

また子供達が独立した後、夫婦二人で過ごす時間が多くなります。仕事を退職すれば家で過ごす時間が多くなります。そのような時にゆっくり快適な暮らしが出来るように趣味の部屋や書斎用の部屋など、将来豊かな時間を過ごすためのスペースの確保は必要です。

https://s-housingdata.com/wp-content/uploads/2021/06/男性説明.jpg

後から間仕切りを入れれるような仕様ししておけば、子供たちが小さいうちは一つの部屋と使用して、子供が大きくなり個室が必要になった場合に間仕切りで仕切り、それぞれの部屋として使えるような仕様はオススメです。その際はあらかじめドアや窓、照明やコンセントなどをあらかじめ増やして設置するようにすると合理的です。

まとめ

家づくりはどうしても現状の事を考えて計画しがちです。しかし未来の事を考えた家づくりが出来れば、その家で家族が長年快適に暮らす事が出来ます。数十年後の未来を予測することは、家づくりをするうえでとても大切なポイントとなります。大事なのは家を建てたあとに変えずらいところを先に考えて対策をしておくということです。

特にバリアフリーについては、先に対策しておくことで普段の生活のうえでも、将来的にも必ず役に立つはずです。また子供部屋に関しても、子供たちが出ていったあとは空き部屋になっていたり、物置になってしまっていることが多いのが事実です。ですから、しっかりと未来の事を考えた家づくりをおこなって下さい。未来の暮らしやすさも考えて建てなければ良い家とはいえません。

これからの時代の家づくりは、家族がずっと安心して快適に生活でき長く暮らる家を建てることが求められる時代です。ですからライフスタイルの変化にも対応できる住環境を家づくりの段階で整えておくことが大切なポイントとなります。

これから家づくりをする方は、将来のことも考えて未来の事を考えた家づくりを計画してみてください。


★おすすめPICK UP記事!★
⇒管理人がオススメ! 注文住宅コストダウンの方法!!
⇒家づくりで絶対にやってはいけない事!!

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

スマイル

スマイル

住まいのトータルアドバイザー 元ハウスメーカー社員の経験をもとに住まいの情報を発信中! 住宅業界に身をおいていたから分かる【家づくりのためのポイント】をご紹介します。

ピックアップ記事

  1. 都道府県別注文住宅にかかる費用の相場

ランキング

  1. 1

    積水ハウス ビー・シリーズの価格

  2. 2

    積水ハウスの防音・遮音

  3. 3

    積水ハウス 3・4階建ての価格

TOP